冴えないリーマン大家が築古区分で稼ぐブログ

冴えないリーマンで零細大家が、築古区分で小遣い程度を稼ぐブログです。

前回の続きです。

審査を依頼して、おそらく3週間くらいで、審査の結果が出るかと思います。
昔のスルガ銀行は3日程度で結果が出たそうですが。
なんか合格発表前のドキドキした気持ちを思い出しますね。

え? 審査にそんなに時間がかかるの? とおっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、もし支店で決済可能な案件であればもっと短期間ではないかと思います。

はじめての方などは、もっと時間がかかる場合もあります。

融資の相談を受けた銀行マンは、対象物件を見に行くだけでなく、もし既に物件を持っていたらそれも見に行くこともあるそうですよ。

実際に私が昨年融資を受けた地銀。
その時既に8物件ほど持っていたんですが、全て見に行ったとおっしゃっていました。
 ※しかも休日に。働き方改革は大丈夫なんでしょうか。
 ※大和1号の近くでラーメン食べた話をしてくださいました(笑)

2回目以降だと、もうその対象物件しか行かない場合もあるでしょうが。


融資の承認が出たら、やっと決済に進められます。
決済って何ぞや?と初めての時は思いましたね。
決済とは、早い話が買主がお金を払って、売主が不動産を渡すことです。

お金を払うということは、銀行口座にお金が入っていないと払えません。
融資の承認がおりても、まだ入金はされてませんからね。
そこで必要なのが「金銭消費貸借契約」です。
通称「金消・・・きんしょう」と呼びます。

決済の日程が決まったら、その前に金銭消費貸借契約を銀行と結びます。
ネット銀行は知りませんが、通常の銀行でしたら平日の日中になります。
平日に銀行へ出向かないといけないのでリーマンだと有休取ったり大変ですけどね。
ですので私は、いつも9時半くらいから金銭消費貸借契約、10時半から決済と言う流れで進めています。
金銭消費貸借契約と決済が別の日になると面倒なので。

金消が終わると融資が実行され、一瞬自分の銀行口座に大金(築古区分ですからそこまで大金ではないけど、冴えない私には大金です)が入金されます。

そして決済。
通常、決済も銀行で行います。
お金のやりとりがありますからね。

銀行に、売主・買主・不動産会社(私の場合は両手取引なので担当者一人です)・司法書士と集まったら決済です。
売主が現れない場合もありますが、今までほとんどの場合で売主さんもお出ででした。

一瞬大金が入った口座から、一部を出金したり振込手続きしたりして売主・不動産会社・司法書士に支払います。
売主へは、購入代金の残金、固定資産税の清算金、管理費の清算金
不動産会社へは、仲介手数料
司法書士へは、登記費用

逆に、売主さんからいただくお金もあります。
家賃の清算金と敷金です。
 ※実際には上記のお金と相殺ですけど。

そういえば、以前営業レディさんが「相殺」を「そうさつ」と読んでいて驚きました。
お互い殺しあうの…? www

支払関係が終了したら、物件の鍵や書類をいただいて終了。

だいたい午前中に終わります。
忙しい方は半休で、私は一日有休にしてますけどね(^^) 普段取っていないので。


以上で築古不動産投資の始め方講座は終わりです。
大した講座では無いのにお付き合いいただいてありがとうございました。

次回からは築古不動産大家の実践講座を開講したいと思います。
もしかしたら開講しないかもですけど。

やっと4日目です。

4日目は唯一のツアーを予約しています。
その名も天国の海ツアー。
カネオヘの沖にある、サンドバーと言う、干潮になると砂浜が現れると言う場所です。
サンドバーの周りは水深がありサンゴ礁になっているので魚もたくさんいます。
昨年もツアーに参加したのですが、けっこう楽しかったので今年も参加することにしたんです。

朝8時にTギャラリア前でピックアップ。一路サンドバーへ向かう港へ。
ドライバーさんがおしゃべりな方で、私がちょうどドライバーさんの真後ろだったためいろいろお話。
ドライバーさんの奥様は保土ヶ谷在住で盛り上がりました。
特に駅前のお寿司屋さんがおいしいという話で大盛り上がり。
乗り合わせたツアーのお客さん全員に、私が保土ヶ谷在住ということがバレバレでした(笑)
 ※後日嫁と娘と行きました。

カネオヘの港で船に乗り換え、いざサンドバーへ。
サンドバーでは砂浜が現れていないものの、膝くらいの深さです。
景色がとても綺麗ですよ。
サンドバーを歩いて堪能した後はサンゴ礁の上をスノーケル。
ホヌが5匹くらいいました。海の中で昼寝?していました。
スノーケルから戻ったらランチなのですが、私たちはランチを後回しにしてSAP.で遊びます。
二人とも経験者なのですいすいと。
それを見て他の人もやり始めますが、初めてだとなかなか難しいかもです。
ちゃんと立てていた人はいなかった様子ですね。まあ風が強かったから仕方ないですけど。
で船上でランチ。

サンドバーからホノルルに帰った私たちはホテルに戻ってシャワーを浴びた後、カカアコへ。
カカアコ、最近話題のウォールアートで有名です。
昨年は時間を取って見て回りましたが、今回はあまり時間が無かったので少しだけ。
新作がたくさんあったので、もっと時間取ればよかったなあ。

そろそろ暗くなりつつあったので、タンタラスの丘へ向かいます。
ワイキキの夜景がきれいなところとして有名ですが、道がわかりにくいのと必ずしも治安がいいわけではないところなのでツアーがおすすめだそうですが、今はグーグルマップナビがあるのでレンタカーで。
頂上近くの公園は夜6時半で閉まってしまって、夕日が沈むところまでは見られず。
ちょっと下の路駐できるところで夜景を見ようとしましたが、雨で寒くなってきたので諦めて帰りました。
またワードのホールフーズでテキトーに買ってホテルで晩ごはんにしました。

やっと4日目終了~

みなさん、不動産投資仲間はいますか?

私は特に大家の会にも属していないし、コミュニティにも入っていません。

できればそういうコミュニティに入ったほうが、いろいろな情報や人脈を手にすることができて、成功への近道になりそうです。

ただし、そのコミュニティが正しい道へ導いてくれたり、正しい情報を提供してくれるのか見極めが必要かもしれません。

さて、タイトルの「レバリッチ不動産投資コミュニティ」。

木村拓也さんという方が代表です。

このコミュニティに入会すると、成功への早道だそうですね!

私も木村氏がYoutebeにアップしている動画をいろいろ見ていますが、なんか夢物語のような気がします。

不動産投資は不労所得、何もすることがないんだそうですね。

で、旅行三昧。

ああ、羨ましい。私もそうなりたいです。

が、私は入居者対応があるし、税金の申告も自分で手書き伝票でやっているから時間かかるし、物件探しも自分でやるから時間がかかる。
 ※好きだからやっているだけなんですけど。

レバリッチ不動産コミュニティに入会したら、木村さんと同じような生活が可能でしょうか。


なんか私のブログを木村さんも読んでくださっているみたいですから教えていただきたいんですけど、不動産所得はどのくらいおありなんですか? 収入で無くて所得で。

そして、ローン支払いが進んだ10年後、支払利息と言う経費が減った時、家賃が下がった時、空室率が高くなった時、その所得はいくらくらいですか?

そしてそして将来の、物件売却時、その物件でどのくらいの売却益がありそうですか?

教えて!木村さん。




私の趣味のひとつがランニングです。
毎週水曜日、NHK-BSでランスマという番組があって、マラソン解説者の金さんが出ています。その人気コーナーが「教えて!金さん」

↑このページのトップヘ